NOWLOADING

POLICY

政策

次の4年のお約束

「次の4年間、こんなことに取り組みます!」という、皆様に向けてのお約束です。特に注力するものをピックアップしています。一つでも多く実現できるよう、全力で頑張ります!

子育て・教育

■待機児童ゼロへ

「保育料が無償化されても、入れる保育所がない!」では意味がない。市有地の保育所への転用や、保育士の処遇改善などで、保育の質を落とすことなく、待機児童ゼロを目指します!

■児童虐待防止

増え続ける虐待に対応するため、子ども相談所の体制強化は必須。職員数を増やすだけでなく、正規職員、中堅・ベテラン職員のバランスのよい配置を。警察・保育所・小中学校など関係機関との連携も強化。一時保護の受け皿ともなる、里親家庭の普及促進も。社会全体で子どもの命を守ります!

■教育現場の体制強化

チームティーチング、少人数学級など、子どもたち一人ひとりが教師に向き合ってもらえる環境を。そのためにも、教員の増員は不可欠です。家庭支援を行うスクールソーシャルワーカーや、心理的な支援を行うスクールカウンセラーも各校配置を目指します。

健康・安心安全

■予防医療・口腔保健の充実

健康寿命の延伸こそが、超高齢社会の最重要テーマ。定期健診の普及など、予防医療の充実に努めます。中でも、「歯や口は健康の入口」。虫歯や歯周病は、がんや脳卒中、認知症などにも繋がりうるもの。口腔保健の取り組みを強化・恒久化すると共に、市民への啓発を狙い、口腔保健条例の制定を目指します。

■高齢者の集いの場づくり

高齢者の健康を害する最大の要因は「孤独」と言われます。高齢者がお出かけすること、人と交わることが健康に繋がります。地域で増える空き家を、地域の集いの場や子ども食堂など、公益に資する活用を進めます。

■被災者支援の拡充

堺市の災害見舞金制度は、住宅全壊で5万円、半壊で3万円。被害の程度から見れば、あまりにも物足りません。大幅な増額が必要です。さらには対象を「住宅のみ」から、小規模店舗を含むものへの拡充を目指します。

文化・まちづくり

■中央図書館のリニューアル

まちづくりの中心に、魅力的な図書館を据える都市が増えています。老朽化し、バリアフリーにも課題のある中央図書館の建て替えを推進します。政令市で唯一、美術館のない堺市。その併設も視野に入れ、文化都市堺の拠点としての整備を目指します。

■無電柱化の推進

景観保全や防災の観点から、電柱の地中埋設が全国的に進むものの、堺市は政令市最下位レベル。古墳群や文化ホールの周辺、まちなみ再生に取り組む「ななまち(七道~綾之町界隈)」などで優先的に実施し、市民が誇れる美しいまちなみを作ります。

■公共事業の地産地消

身近なライフラインは、地元の業者に守ってもらうべきです。せっかく税金を投じる公共工事ですから、地元経済への還元は重要です。何より、いざ災害が起こった時に、速やかに復興復旧を進めるには、地元業者の力が必要です。そのためにも、公共工事の地産地消を進めます。

公約おかわり!

先日、子育てママ向けのイベントで講師をさせてもらった際、「こんなことしてほしい!」というママたちの声を、公約として追加することにしました!(下記URL参照)
https://fuchigami.info/公約、頬張りました/

改めて、そこでお約束した(してしまった?)ものを列挙します。

  • ・保育所未利用の0才児家庭への家事支援サービス
  • ・実家近くへの引っ越し助成
  • ・一時保育の費用負担の軽減

これらは、「子育てにおけるレスパイト(休息)支援」という主旨を重視して、政策の実現を目指します(主旨を維持して、多少内容が変わる場合もあります)

  • ・学童保育の夏休み期間限定利用枠の確保
  • ・学童保育の利用料の低減
  • ・保育所の看護師配置の促進
  • ・乳幼児健診の土日実施
意見・提案